相続に向けて知っておきたい遺留分

相続に向けて知っておきたい遺留分

相続は誰でも一度は経験するものであるため、いずれ訪れる相続に備えて適切な知識を身につけて損はありません。一口に相続といっても「相続人」「相続分」「相続放棄」など様々な概念がありますが、ここでは「遺留分」についてご紹介いたします。

遺留分は、被相続人・相続人の立場を問わず非常に重要な概念であるため、ぜひ押さえておきましょう。

▪ 遺留分とは

一定の相続人のために、法律上最低限保証されている相続権の割合のことです。例えば、「私が所有する財産を全てA団体に寄付する」という旨の遺言書が見つかったとします。この遺言書の通りに相続が実行されると、相続人は一切の財産が受け取れなくなってしまいます。このような場合、遺留分を持つ相続人が「遺留分減殺請求」を行うことで、遺留分が侵害された部分について、返還を求めることができます。

▪ 遺留分という概念の趣旨

遺留分という概念は、被相続人と相続人が持つ要求の妥協・調整を図ることを目的としています。被相続人には自身の財産を処分できる自由があり、相続人には生活の安定や相続財産の公平な分配を求める要求があります。この相反する利害を妥協・調整するのが遺留分だと解されています。なお、遺留分の権利は行使するもしないも相続人の自由であるため、あえて遺留分減殺請求をせず、遺言通りの相続を実行することも可能です。

▪ 遺留分を持つ権利者

相続に向けて知っておきたい遺留分

遺留分は「一定の相続人に保障される」とご説明しました。
ここでいう一定の相続人とは、配偶者・子・直系尊属のことを指します。つまり、被相続人の兄弟姉妹を除く法定相続人が、遺留分を有するということになります。

しかし、遺留分を有する相続人でも、相続欠格や相続放棄などで相続権を失った者については、相続権の消失と共に遺留分の権利も消失します。

遺留分について簡単にご紹介しましたが、まだまだ細かな規定が多々あります。相続に関するお悩み、疑問等がございましたら、ぜひ専門家である司法書士へご相談ください。

芦屋市で相続の相談は荒木経則司法書士事務所

兵庫県で相続に関するご相談なら、芦屋市にある当司法書士事務所へお寄せください。当司法書士事務所では、遺留分を含む相続の様々な疑問にお応えするだけでなく、相続における名義変更不動産登記についてもサポートいたします。場所はJR芦屋駅南出口より徒歩2分となっておりますので、神戸市の東灘区や西宮市からも手軽にアクセスいただけます。どうぞお気軽にご相談ください。

荒木経則司法書士事務所 /相続、遺言の相談 概要

会社名 荒木経則司法書士事務所
所在地 〒659−0061 兵庫県芦屋市上宮川町5番1号 サンロイス芦屋3号館202号
電話番号 0797-35-7333
FAX 0797-35-7335
メールアドレス t-araki@arakioffice.com
URL http://www.arakioffice.com/
業務内容 会社設立・企業法務・相続、遺言・不動産名義変更・成年後見など
説明 芦屋市で司法書士事務所をお探しなら『荒木経則司法書士事務所』へ。遺産相続や不動産登記、会社設立、登記などお気軽にご相談ください。
日本
都道府県 兵庫県
市区町村 芦屋市



業務内容
業務内容


お問い合わせ
お問い合わせ


アクセス
アクセス

コラム