遺言書を作成するなら公正証書遺言を

遺言書を作成するなら公正証書遺言を

「終活」という言葉がすっかり馴染んだ現在においては、遺言書を作成する方が少なくありません。
遺言書は、自筆の場合でも一定の要件を満たせば法的効力を持ちますが、ひとつでも法定の必要事項を欠いていると、その遺言書は無効となります。今後、遺言書の作成をお考えなら「公正証書遺言」をご検討ください。

▪ 公正証書遺言とは?

公証人立会いのもとで作成する遺言書のことです。法律の専門家である公証人が関与するため、書類の不備によって無効となることはありません。作成時には、ご本人様と公証人のほか、2名の証人が必要となります。万が一、証人となる方が身近にいない場合は、公証役場で手配してもらうことが可能ですのでご安心ください。なお、公証役場へ足を運ぶのが難しい場合は、ご本人様の自宅や病院へ公証人を出張させ、作成することもできます。

▪ 相続人の負担軽減にも

相続人の負担軽減にも

公正証書遺言は、「相続人の負担を軽減する遺言書」としても知られています。これは、検認が不要となるためです。
検認とは、家庭裁判所が遺言書の存在や内容を確認し、遺言書の偽造・変造を防止するための手続きです。自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合、原則として検認の手続きが必要となりますが、公正証書遺言は検認の手続きが不要となります。

公正証書遺言は相続開始後、速やかに遺言の内容を実現でき、これにより相続人の手続きに関する負担を軽減させることができるのです。

▪ 争族防止の確実性

遺言書は、主に「相続」を「争族」としないために作成されるものです。そのため、遺言書が相続争いの火種となっては意味がありません。遺言書は無効とならないように作成するのはもちろん、遺留分に配慮し、「相続させる」「遺贈する」といった記載の表現にも気をつけなければなりません。
不明確な記載や多義的に解釈可能な表現がある遺言書は争いを生むおそれがあるため、争族防止の観点からも、専門家を交えて作成する公正証書遺言が適しているのです。

兵庫県で遺産相続に関するお悩みなら、芦屋市にある当司法書士事務所へご相談ください。
当司法書士事務所では、公正証書遺言の作成サポートのほか、遺産分割協議のお悩み解決や不動産登記の手続きなど、あらゆる面で皆様をサポートいたします。神戸市東灘区や西宮市からのご相談も承っておりますので、相続に関するお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。

荒木経則司法書士事務所 /相続、遺言の相談 概要

会社名 荒木経則司法書士事務所
所在地 〒659−0061 兵庫県芦屋市上宮川町5番1号 サンロイス芦屋3号館202号
電話番号 0797-35-7333
FAX 0797-35-7335
メールアドレス t-araki@arakioffice.com
URL http://www.arakioffice.com/
業務内容 会社設立・企業法務・相続、遺言・不動産名義変更・成年後見など
説明 芦屋市で司法書士事務所をお探しなら『荒木経則司法書士事務所』へ。遺産相続や不動産登記、会社設立、登記などお気軽にご相談ください。
日本
都道府県 兵庫県
市区町村 芦屋市



業務内容
業務内容


お問い合わせ
お問い合わせ


アクセス
アクセス

コラム